ATOKの英字入力で止まる(遅い)場合の対処法

   2016/05/16

管理人は昔から使い慣れていることもあって、ATOKを愛用しています。度々携帯の機種変更をする為、携帯端末と単語登録などを同期できるのもお気に入りです。

しかしATOK2015を使って居ると、ExcelやChromeの検索窓でプチフリのような引っかかる現象が度々発生していました。調べてみると同じように悩まされている方々が居たようです。

端的に言ってしまうと「英語入力モードでは推測候補の自動表示」が動作することで問題が発生したようで、これを解除又は表示する条件を厳しくすれば影響は少なくなります。

Atok2015で英字入力が遅い対処方法

参考サイトの手順

  1. ATOKプロパティを開く
  2. 「入力・変換」タブ >設定項目「英語」
  3. 「英語入力モードでは推測候補の自動表示を「する(強)」にする」のチェックを外す。

私の環境の場合、参考サイトの手順に加え、更に設定の変更が必要だったので残しておきます。

具体的な対処方法

[推測変換の自動表示]が悪さをしているようなので、これに関する設定を変更して解消しましょう。

  1. ATOKプロパティを開く
  2. [入力支援]タブ->[推測変換]->[推測変換の自動表示]
  3. [自動表示]を[しない]に変更する
ATOKプロパティ

ATOKプロパティ

推測候補の自動表示

推測候補の自動表示

これで自動表示がなくなるので解消する。しかしこの機能を使いつつ解消したいという場合には[詳細設定]を開いて自動表示されるタイミングを変えてやろう。

推測候補の自動表示の条件を変更する

  • [表示速度]を[おそい]に変更する
  • [表示開始文字数]を増やす
詳細設定

表示速度[おそい],表示開始文字数を[5]にするなどするとよい

関連記事カテゴリ・タグ

ソフトウェア 設定方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。