jQueryのDataTablesでリッチなテーブルを使おう

 

表データを掲載する際にはやはりテーブル要素を使うのが一番適していますね。

昔からソートが出来るテーブル表はありましたがjavascriptで動作させる必要がありました。しかし今はjQueryのプラグインを使うことで簡単に導入する事ができます。

それが「DataTables」です。

dataTablesを使ったテーブル

ソートやフィルタが可能

jQueryプラグインDataTables

HTML テーブルをデータグリッド出来るようにするjQuery のプラグイン。

ソート機能や検索機能を加える

公式URL:http://datatables.net/index

基本導入例

ここでは基本的な動作のみの導入手順を記載していく。

導入サンプル

必要なファイルを読み込ませる

まずはstylesheetとscriptを読み込ませよう。

<head>
 …
<!--stylesheet-->
<link rel="stylesheet" type="text/css" href="https://cdn.datatables.net/v/dt/dt-1.10.12/datatables.min.css"/>
<!--jQuery-->
<script src="https://code.jquery.com/jquery-2.1.4.min.js"></script>
<!--Datatables-->
<script type="text/javascript" src="https://cdn.datatables.net/v/dt/dt-1.10.12/datatables.min.js"></script>
 …
</head>

テーブルデータを作成

テーブルデータを作成。idは「sample_tabledata」とする

<table id="sample_tabledata">
 <thead>
  <tr>
   <th>No.</th>
   <th>name</th>
   <th>pw</th>
   <th>gd</th>
   <th>sp</th>
  </tr>
 </thead>
 <tbody>
  <tr>
   <th>1</th>
   <td>101</td>
   <td>10613</td>
   <td>12982</td>
   <td>15143</td>
  </tr>
  <tr>
   <th>2</th>
   <td>102</td>
   <td>11074</td>
   <td>12007</td>
   <td>15607</td>
  </tr>
 </tbody>
</table>

手順3

ヘッドタグの下(datatables.min.jsより下)にDataTablesを動かす記述を加える。

<head>
 … 
 <script>
 $(function(){
   $("#sample_tabledata").dataTable();
 })
 </script>
</head>

以上。これで基本的な動作は問題無い。導入サンプルは非常にシンプルに上の手順で導入したものなので、上手く行かない場合には良く見比べてみよう。

次回以降はオプションの紹介やcolvisを使った列表示の制御方法をまとめる予定

関連記事カテゴリ・タグ

HTML/CSS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント一覧

  1. […] jQueryのDataTablesでリッチなテーブルを使おう […]

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。