Google keepが凄く便利!

   2015/11/19

常々ToDoリストなどのメモを端末間で同期出来る良いクラウドメモがないかなと思って居たんです。クラウドメモと言えば代表的且つ長い間君臨しているEvernote。その代替として挙げるのがGoogle keepです。(代替というよりも相互互換ですね)

シンプル且つ欲しいものをまとめたクラウドメモ

まず僕がクラウドメモに何を求めていたか

  • Windows付属の付箋アプリのようにデスクトップの端におけるもの
  • 端末間のURLや文字列の共有
  • チェックリストやToDoリストの作成
  • リマインダー機能(時間指定の仕事をする際に必要)

Evernoteは色々なWebツールやアプリと連携出来て便利なのですが、上記のことを端末間で共有したいだけの僕には、いまいち使いづらかった。ToDoリストを作って有料版登録までして運用したこともあるのですが、すぐに挫折してしまいました。

挫折した理由

Evernoteを挫折した理由はやはり手軽さの部分でしょう。アプリ起動して、ノートブックを開いて、ノートを選択して初めて中身が見られるという手順の多さ。Evernoteは名前の通りメモと言うよりもノート。ゆえにページやノート選ぶ必要があり、メモ書きや付箋としては使いづらかった。

決め手はユーザビリティ

対してGoogle keepはというとアプリ起動すると作った付箋の一覧がまず出てきます。このアクセスのしやすさは機能を絞った故でしょうね!

Google keep

当然ですただの付箋なのですから、並べておけばいいのです。

Googleのアカウントさえあれば、そのままChromeに拡張機能のようなアプリを入れてそのまま使えます。WEBサービスを利用していてGoogleを登録していない人は少ないでしょう。始めるのもお手軽ですね。

ちょっとしたことを書くのに向いているので、がっつりとメモするもの、例えば会議や打ち合わせのメモ書きをしたいなんて方はEvernoteの方が良いでしょうね。

最近になってiOS版も登場しました。僕が初めて触ったとき、iOS版が無くて一度は導入をやめたのですが、ここにきてようやくです・・・!!iOS版がなくて挫折したなんて方は是非試して見て下さい。

関連記事カテゴリ・タグ

ソフトウェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。