iPhone6のスリープボタン(電源ボタン)が陥没して壊れた話

   2016/05/13

普段の携帯はiPhone6を利用しているのですが、先日スリープボタン(電源ボタン)が壊れて陥没してしまいまして、それを修理したときの話です。

iPhone6

陥没して壊れた原因は

実は特に心当たりがないのです。ポケットから出して電源ボタンを押そうとしたら押し心地がなく、まったく効かない状態でした。

強いていえば回数押していることなんですが、まだ使い始めて1年経ってなかったので所謂ハズレを引いたのかもしれません。

Apple 正規サービスプロバイダで修理依頼訪問

下記のHPを見て修理の為に訪問するお店を決めました。Apple Store以外にも受け付けていたんですねえ。

Apple StoreとApple正規サービスプロバイダを調べる

携帯のキャリアショップなどはお昼にいくと混雑していて凄く待たされるので平日10時半に訪問。なんとまだ誰もきておらずすんなりと受付のお姉さんの元へ通してもらいました。

事前準備

  • iPhoneのバックアップ
  • iPhoneを探すをOFFにする
  • 保証期間内かどうか確認

この三つをして出かけました。特に上二つはお店でもしたかどうか聞かれますので、必ず確認してから向かうようにしましょう

保証期間内の確認

以下のサイトで確認することが可能です。

保証状況とサービス期間を確認する

受付開始

症状を説明したところ、サービスプロバイダのお姉さんにまず2点聞かれました。

  • 壊れるきっかけのようなものはあったか
  • 壊れたときの状況

ポケットから出してつけようとしたら使おうとしたら壊れていたと正直に説明したところ、何度か症状を確かめて頂きました。中身を見て修理出来るか確認しますと、お店の裏へ持って行かれ確認。(水没確認等したのかな?

修理対応は・・・

結果から言うと本体ごと交換となりました。スリープボタンはパーツ交換で修理出来ないそうです。

正直、iPhoneを預けることになると思って居たので、助かりました。しばらく代替機になると思って居ました^^;

代替機貸して頂けるのは助かるんですが、戻って来た時に再訪問して受け取らなければならないこと、iPhone移行の再発生が嫌だったんですがこれが一度で済んだので助かりました!

まとめ

壊れたときにはもの凄くブルーになりましたが、すんなりと交換になり店員さんの対応も丁寧で満足でした。

興味本位で聞いて見たところ、スリープボタンが壊れることは稀にあるようなのですが落とした際に壊れることが多く、周辺が傷ついていたり割れていたりという場合が多いようです。私のように通常利用のみで壊れたというのは初めてですとのこと。

落下痕や水没の確認などはよくされていたように思いますので、スムースに交換対応となったのはiPhoneを綺麗に使っていたからかもしれません。

綺麗に使って居て良かったと思った瞬間でした。

 

以上、同じ症状が発生した人は参考にしてください。お疲れ様でした。

 

関連記事カテゴリ・タグ

ハードウェア 手続き
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。