PS4のディスク排出(イジェクトバグ)不具合対策

   2016/08/28

初期型PS4PS4(CUH-1000・CUH-1100)を使って居る誰もが陥る可能性のある、勝手にディスク排出が行われる不具合について対処方法についてまとめます。

PS4初期型

保証が切れてしまった初期型PS4

ちなみにメーカーに修理費用の目安を聞いたのですが、保証切れの場合は「10,300円」との回答を頂きました。

ディスク排出不具合とは

通称ピピピなど呼ばれていたりしますが、その名の通り突然「ピピピ」と鳴ってディスクが排出されます。

初期型のPS4のディスクイジェクトボタンは静電容量式でコンセントを抜かない限り通電しています。その為、正常に電源を切った状態でも、ゲーム中でも構わず突然発生します。

一度発生すると連続して発生することが多いので、しばらくの間、繰り返しディスク排出動作が勝手に起こることが多いです。

これがどう言った被害をもたらすかというと…。

  • ディスク版のゲームをプレイしていた場合、ゲームが中断される
  • 電源OFFでも勝手に電源がついて、そのまま起動しっぱなし
  • 強制排出を繰り返すとディスクが地面に落下することがある

ゲーム中断

オンラインゲームの多いPS4でこれは致命的です。即刻セッションが切れて繋ぐところからやり直しです。

オープンワールドのゲームであればまたワールドを作り直して~となるので復帰するのに非常に時間がかかります。

私もディビジョンをマルチプレイ中、何度も発生して非常にイライラしました。発症するとディスク版のゲームはまともにプレイ出来なくなります。

勝手に電源がつく

静電気が悪さをした場合、真夜中寝てる間でも出かけていても問答無用でディスク排出が発生します。朝になったら妙に部屋が暑いなと思ったら、PS4が起動してホーム画面状態になっていたこともありました。

廃熱で部屋は暑いわ、朝から余計な手間増えるわで冗談きついです。電気代も馬鹿になりませんしね。電源コードを抜くしかありません。

ディスク落下

新しく買ってきたソフトをPS4に入れて楽しみにしてた時にやられました。

原因はディスク排出動作が繰り返し実施されたことによって、ディスクローダーがずっと「ウィーンウィーン」となって動いていたことです。

既にディスクが出ているにも関わらず、更に排出しようとした結果、PS4からディスクを弾いて落下するわけです。

パッケージ開けてから10秒でディスクの表面に傷がついて凹みました

不具合の原因

まあ上記の通りゲームやっている上でメチャクチャ致命的な不具合なんですが、原因は静電気や廃熱,接触不良などと言われていますが特定するのは難しいです。実際SONYに原因を問い合わせても教えてくれず、部品交換しましたと言われるだけです。

症状を引き起こしているのは間違い無く「静電容量式」のイジェクトボタンで、我が家のPS4では静電気対策をすることで症状が改善しました。

下記の対処方法を見ても分かると思いますが、静電気が原因の一つになっていることは間違い無いと思います。横置きと縦置き変えたら改善したという話もあるので内部の物理的な接触不良とかも考えられますが接地面によって帯電状態が改善されている可能性もあります。

対処方法

色々な対処方法が挙げられて居ます。

  • 電源ケーブルを抜いて放置
    溜まっている静電気を自然放電させる為。公式でも対処方法として言われます。
  • ディスクイジェクトボタンの下部(本体を横置きしたとき)にあるゴム足を引っこ抜く
    ゴム足に埃が溜まって帯電しやすくなっているのでは?という疑惑がある。
  • 本体を横置きしたときに、四隅に物を挟んで底部を3~4cm上げる
    ラックが金属製だったりすると帯電しやすいようなので、底部を離すことで改善する見込みがある
  • PS4の起動時に電源ボタンを長押ししてセーフモードで起動後、システムソフトウェアをアップデート
    公式に問い合わせると言われる対処方法です。これで解決する意味がちょっと分かりません。
  • 電源などケーブル類を全部外して埃を掃除
    埃を掃除して帯電しにくくしよう
  • PS4を冷却する
    エアフローを改善してPS4を冷やそう。PS4の周りが熱くなれば湿度も下がって帯電しやすくなるのかもしれません。

これ挙げられている項目のほとんどが静電気対策が多く、帯電状態を解除したり、帯電しにくくする対策が多いですね。

一通り試しましたが、電源ケーブルを抜いて放置は比較的効果がありましたがダメな時は全くダメでした。

改善した対処方法

いっそのこと、物理式のボタンになった新型PS4に替えようかなとも思いましたが最後に悪あがきをしようと思い、買ったのが「除電スティックブラシ」。

原因はやはり本体が帯電しているのが原因だろうと推測していたので電源ケーブルを抜いて静電気除去効果を謳っているブラシで本体を一通り掃除したら改善しました。

静電気除去ブラシ

1000円もしないし、色々な用途に使えて便利

解消してから三週間経ちますが、今までの苦労とイライラは何だったのか・・・本当に困ったら皆さんも試して見てください。私が使用したのはサンワサプライの除電スティックブラシです。ディスプレイの掃除にも使えるのでしばらく愛用品となりそうです。

ELECOMのコンパクトブラシが更に安くて同じ効果が期待出来そうです。

その他除電グッズ

文房具で有名なぺんてるも除電グッズを出して居ますね。こちらは本体に触ってボタンを押すだけで除電する仕組みのようです。セーターを脱ぐときのバチバチが無くなったという声もあるので効果は期待出来そうです。

その他にも除電グッズをまとめましたのでイジェクトバグに悩まされている方は参考にしてください。

静電気対策の為の除電グッズを紹介

解決してみれば

PS4に触れた途端「ピピピ」となり始めることが多かったので「あー、やっぱりな」という感じでした。ずっと電源に繋ぎっぱで長時間つけていたりすると帯電してしまうんでしょうね。

何はともあれあの映画観ている間中も「ピピピ!ウィーン…」と鳴り続けてたあれが解消したので本当にありがたいです。

お疲れ様でした。

その他・冷却

冷却については下記の様な製品がおすすめです。ファンも静かで充電も可能なのでそれ以外の用途でも便利です。

関連記事カテゴリ・タグ

GAME PS4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント一覧

  1. ぽりぽり より:

    本体の欠陥なのに修理で10300円も取られるとはひどいですね。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。