XperiaM5等海外製Android端末のシステム言語を日本語化する手順

   2016/08/18

海外製のXperiaM5は標準で様々なシステム言語に対応しており、日本語にする事が可能です。

最近のAndroidは言語メニューの場所さえ開くことが出来れば、簡単に切り替えることができるのが良いですね。買ったらまずはシステム言語を日本語にしていきましょう。

設定手順

設定変更の流れは、設定->言語設定->システム言語変更という流れになります。これだけでピンと来る人も多いと思いますが、手順を画像付きで紹介していきます。

メニュー画面を呼び出す

まずはホーム画面下からメニューを呼び出しましょう。

ホーム画面

設定画面を呼び出す

「Settings」をタップして設定画面を呼び出します。

メニュー画面

言語設定画面を呼び出す

「Personal」項目の「Language&input」を選択して言語設定画面へ移動します。

language&input

Languageを選択して言語を変更する

Languageをタップすると言語選択画面が開きますので日本語を選択してOKすれば完了です。

languagexperiam5_05

日本語入力をしよう

Xperia M5などの海外製Xperiaにはシステム言語を変更してもPoBOXが入っていないのでそのままでは日本語入力が出来ないので、まずはGooglePlayでダウンロードしてから変更となる。

GooglePlayで日本語IMEソフトを

日本語入力をするには、「ATOK」や「Google 日本語入力」などのような日本語IMEソフトを導入する必要があります。まずは無料の「Google 日本語入力」を導入するといいだろう。

キーボードを選択

「言語と入力」(Language & input)画面で現在のキーボードをタップして「Google 日本語入力」キーボードを選択すれば変更完了となる。

キーボード選択Google日本語入力画面

日本語入力の確認をしたら完了だ。基本的にはこれで海外製端末だからといって困ることはなくなるだろう

 

関連記事カテゴリ・タグ

Xperia M5
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。