W3.通信

仕事や生活の中で役立つ情報をメモ書きし、よりよい環境構築をサポートするサイト

Excel・VBA

個人用マクロブックの保存場所と作成方法

更新日:

ExcelのVBAが使えると色々とマクロで作業をすることがあると思います。その時にこのマクロ他の作業でも使えるな~とか思うことがあると思います。

でもマクロは保存しているブックを開いていないと実行出来ません。いちいちマクロ用のブックを開いて実行・・・はちょっと手間ですよね。

そんなときは「個人用マクロブック」を作成しましょう。

個人用マクロブックとは?

個人用マクロブックとは、Excelが起動した時に自動的に非表示で開かれるブックです。

私の場合はブックの「一番最初のシートに戻る」マクロを登録してショートカット化していた覚えがあります。

保存場所を確認する

以前に個人用マクロブックを作っていれば、Personal.xlsbが下記のフォルダに保存されています。

以下はWindows10での例です。

C:\Users\\AppData\Roaming\Microsoft\Excel\XLSTART

ユーザー名がsuzukiならば以下のようになります。

C:\Users\suzuki\AppData\Roaming\Microsoft\Excel\XLSTART

存在しない場合

まだ一度も作成していない場合、保存されていません。

ということで無ければ作成手順に移りましょう。

新規作成手順

[開発] タブの [コード] グループで、[マクロの記録] をクリックします。
※Excel2016であれば、[表示]タブの[マクロ]グループにある

[マクロの記録]を選択して、[マクロの保存先]を個人用マクロブックとする。

マクロの記録

マクロ名は任意で良い

同様の手順で[マクロ]グループから[記録終了]を選択

この手順で個人用マクロブックに記録されます。

Alt+F11でVBEを起動して記録内容を確認

記録された内容を確認しましょう。

記録したマクロ

Macro1が作成されている

上記の保存場所を確認して「Personal.xlsb」が作成されていることを確認しよう

以上、お疲れ様でした。

-Excel・VBA

Copyright© W3.通信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.