サムスン電子製のGalaxy S7 edgeとGalaxy S7が発表されました

   2016/02/24

Mobile World Congress 2016のプレスカンファレンスにて「Galaxy S7 edge」と「Galaxy S7」が発表されたようです。

Always-On Displayによる時刻表示などの常時点灯

私が特に惹かれるのはこの「Always-On Display」です。有機ELはピクセル単位で発光する為、電力消費は発光しているピクセル数に応じる事になります。黒背景にして時間やカレンダーのみを表示することで電力消費を抑える工夫をしているようです。

もちろん常時点灯のため、その分電力を常時消費することになりますが、一日に数十回など時間確認などで点灯させることの多いユーザーにとっては結果的に省エネになります。

これは深夜になると常時点灯をoffにするなどの機能があると嬉しいですね!時間確認をする頻度が高い自覚があるのでかなり興味ありです。

その他指紋認証など

指紋認証もS6に引き続き、ホームボタンに搭載していますね。指紋認証はiPhoneからAndroidにすると一番不便に感じる点なので凄くありがたい。

背面に指紋認証があると手で持っているときに限定されるほか、最近の端末の巨大化によって窮屈になるので、ホームボタンに配置しているのも指を不自然に動かさず済むので好印象です。

S6では省かれていた防水機能なども今回はサポートしているようです。USBや充電端子もキャップレス防水となっています。発熱と端子のアクセスさえクリア出来ていればユーザーとしては有り難い機能です、いざというときの心配がないですからね!

日本での発売は・・・?

残念ながらまだ発表されていませんが、近いうちに発表があるでしょう。その際にはDualSIMは省かれてしまうのか少し気になりますね。ただし、DualSIMであってもmicroSDと排他仕様なのでAndroidの外部ストレージが使えるという利点が薄くなってしまうのが残念です。

何にせよ楽しみな端末ですね。日本メーカーも常時点灯ディスプレイ採用してくれないかな~?

関連記事カテゴリ・タグ

ハードウェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。